東京都青梅市で捕獲された野生のイノシシ1頭から、豚熱(CSF、豚コレラ)が確認された。都が2020年7月2日、発表した。

都内では近年、しばしばイノシシが出没している。豚熱の野生のイノシシは今回が初だが、もし感染したイノシシと接触した場合、ヒトへの影響はないのか。今一度確認しておこう。

豚熱は豚やイノシシが感染する伝染病

直近でイノシシが都内で見つかったのは、6月17日。日の出町でのことだ。それ以前には19年12月3日に足立区内の河川敷で目撃された。同じ年の10月7日、立川市では野生のイノシシ2頭が出没。その後12月14日と15日にも同市内で見つかり、立川警察署は注意を呼びかけていた。

今回捕獲されたイノシシから確認された豚熱とは何か。

農林水産省の公式サイトによると、豚やイノシシが感染する伝染病で、以前は「豚コレラ」と呼ばれていた。強い伝染力と高い致死率が特徴だ。治療法はなく、発生すると家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病に指定されている。20年5月7日までに、岐阜県、愛知県、埼玉県、山梨県など複数の県で、野生のイノシシから豚熱の陽性確認がされている。

しかし、豚熱がヒトに感染することはない。そのため、仮に豚熱に感染したイノシシと遭遇、接触したとしてもうつることはない。

ヒトへの感染報告は今のところなしも要警戒

日本国内では近年、養豚場での発生が報告され、被害が出ている。日頃我々が口にしている豚肉は安全か。

農水省によると、市場に出回る豚肉は、検査に合格したものだけが流通することになっているため、感染豚の肉が市場に出回ることはない。もし豚熱にかかった豚肉や内臓を食べた場合でも、人体に影響は及ばないという。

ただ豚熱以外にも、豚に関する心配な感染症が発生したようだ。中国の研究グループが、20年6月29日に米科学雑誌「アメリカ科学アカデミー紀要」において、中国で豚インフルエンザの新型ウイルスが確認されたと発表したのだ。現時点では、ヒトへの感染は認められていないが、警戒する必要がある、としている。