バンダイグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ、東京都港区)は、アニメ「超電磁マシーンボルテスV(ファイブ)」に登場するロボットの「DX 超合金魂VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」を2020年12月に発売するのに先だち、7月3日から予約受付をはじめた。

「アニソンの女王」堀江美都子の主題歌を含む5曲を内蔵

1977〜78年放送の同作に登場する「ボルテスV」へと合体する5機の「ボルトマシン」の変形合体シークエンスを、セリフと効果音付きのギミックで忠実に再現。

1号機「ボルトクルーザー」のスイッチを押すと、主人公「剛健一」の「V!トゥギャザー!レッツ・ボルトイン!」のセリフとともに"超電磁エネルギー"効果音が鳴り合体準備。2号機から5号機までを変形合体させるたびに効果音が再生され、「ボルテスV」完成後に再び1号機のスイッチを押せば、「ボォールテース ファーイブ!」の叫び声とともに両目が発光し合体完成の効果音が鳴る。

また、胸部の2か所のスイッチ操作により、全14種の攻撃技をセリフや効果音と合わせて再現可能。このほか合体コールなども含め全27種のセリフ音声を内蔵する。付属のディスプレイ台座には超電磁エネルギーがモチーフのV字型エフェクトパーツを装着できる。

さらに、「アニソンの女王」の異名を持つ堀江美都子さんの歌う主題歌「ボルテスVの歌」をはじめ、劇中のBGMを含む楽曲5曲を内蔵。ディスプレイ台座に備えた5つのボタンを押せば再生可能だ。

各「ボルトマシン」のコクピットにはパイロットが搭乗したカプセルが合体するギミックを備える。「ボルテスV」の両手5本の指が可動する仕様で、「ボルトマシン」時は両腕に収納可能。そのほか「超電磁ゴマ」などの武器や交換用ハンドパーツ、背中に合体できる「鷹メカ」、史上初の立体化だという敵メカ「ボアザン軍円盤」が付属する。

電源は「LR41」×3個、「LR44」×7個、単3形乾電池×2本。

価格は5万9000円(税別)。