サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区)は、「『IdentityV(アイデンティティファイブ) 第五人格』 コラボレーション宿泊プラン」を、2020年10月30日から21年1月31日まで販売する。

5種のオリジナルグッズ付き

「IdentityV 第五人格」は、中国のNetEase Games(ネットイース ゲームズ)が開発・運営する、スマートフォンを使った脱出ゲーム。1人のハンターと4人のサバイバーが対戦する。19年にはeスポーツとして世界大会も開催されたほどの人気作品だ。

「デラックスコンセプトルーム宿泊プラン」(1室、2万2000円〜)、「コンセプトルーム宿泊プラン」(ハンタールーム、サバイバールーム各3室、1万7000円〜)は、客室をハンターやサバイバーのオリジナル描き下ろしイラストで装飾。ゲームの独特な世界観を体験できる。

通常客室に宿泊する「オリジナルグッズ付き宿泊プラン」(ツインルーム、1万6000円〜)では、特典として描き下ろしイラスト入りのオリジナルグッズ5種をプレゼント。ラインアップは、メッセージカードとラゲッジタグ、アクリルボード、クリアトートバッグ、クリアファイル。

予約受付は2期間に分かれており、10月20日正午よりホテル公式Webサイトで、10月30日から12月31日までの宿泊予約を受け付ける。21年1月1日以降の予約受付時期は未定。

いずれも2人利用時の1人あたりの料金で、税込。