「よみうりランド」(東京都稲城市)が、プールサイドの特設スペースを仕事用にレンタルできる「アミューズメントワーケーション」を、2020年10月15日に開始した。在宅勤務ならぬ、「在遊園地勤務」を体験できる。

楽しいアトラクションに囲まれ、「誘惑」が多い環境で、業務に集中できるのか。よみうりランドに「出勤」し、体験取材した。

観覧車に乗ったら絶景、日差し、そして眠気が

同プランには、「観覧車1時間乗車券(5周)」がついてくる。ゴンドラを1台貸し切り、ポケットWi-Fi付き「完全プライベート空間」で仕事できるのだ。周囲の目がないと、ついつい仕事から意識が離れそう。一抹の不安を覚えつつ、乗車した。

早速、1周目から不安的中。ゴンドラが頂上前後に差し掛かると園内だけでなく、近辺のゴルフ場や住宅街、遠くのビル群を一望できる。絶景を眺めたり撮影したり、せわしなく過ごしているうちに地上に着いてしまった。あれ、仕事は......。

「2周目こそ」と原稿を書こうとしたが、やはり外が気になってなかなか集中できない。こうなることを恐れ、格好から「仕事モード」を演出しようとパンツスーツで来園したのに。園内で目立っただけで、何の意味もなかった。

ならば、景色が気になりにくい地上付近では仕事をしよう。ところが、エンドレスで流れるBGMが、大きく聞こえてきて体がリズムを取ってしまう。音が小さくなってきた、と感じ始めた頃にはゴンドラの高度が上がり、よい眺めが飛び込んでくる。一体どのタイミングで仕事をすればいいのだ。

開き直って大パノラマを堪能していたら、眠気が襲ってきた。高度が上がってくると日差しで快適になり、うたた寝にはもってこいの場所だと気付いた。気付いてしまった。昼食後に乗車したのは失敗だよ...。記者は結局、乗車時の状態とほぼ変わらない、書きかけ原稿を抱えて、とぼとぼと下車した。

プールサイドの特設スペースが最適だった

その後、園内の夏季限定プール「WAI」近くにある「アミューズメントワーケーション」特設スペースで、業務を続行した。アトラクションが密集している中心部から離れているため訪れる人が少なく、静か。園内BGMが微かに聞こえ、ジェットコースター利用客の歓声がたまに響いてくる程度だ。背後で建設中の新アトラクションの工事音が少々気になったが、慣れてくると耳に入らなくなる。2時間ほど滞在した結果、約2000文字の原稿が出来あがり、メールを数本送信できた。

雨天時は、特設スペースの目の前にあるレストラン内にブースを設けるため、天候に左右される心配はない。ただ日が落ちてくると肌寒いので、羽織り物の備えをしておくとよい。よみうりランド広報は、寒い時期にも利用しやすいよう「天候問わず、レストラン内にワーケーションスペースを作ることも検討していきたい」と話した。