為替操作認定、初日は見送り=トランプ氏、ドル高に不満

 【ワシントン時事】トランプ次期米大統領は13日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)とのインタビューで、中国の「為替操作国」認定について、「まずは彼ら(中国)と協議する」と語り、20日の就任直後には実施しない意向を表明した。大統領選では、就任初日に「財務長官に認定を指示する」と公約していた。

 ただ、「中国は明らかに(人民元相場を)操作している」と主張。「米企業は競争できていない」とし、輸出に不利なドル高の進展に強い不満を示した。こうしたドル高けん制が続けば、円安基調にも影響が及ぶ可能性がある。

 為替操作国の認定は米財務省が行う。認定国に対しては、関税の引き上げなど制裁を発動しやすくなる。中国政府は次期米政権が強硬措置を取れば、報復する構えで、米中の貿易摩擦激化が懸念されている。 

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

経済の主要なニュース

経済のニュース一覧へ

07時54分更新

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索