リコールなら費用請求=神鋼改ざん問題で―スバル社長

 神戸製鋼所のアルミ製品改ざん問題で、SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は12日、自社製品への影響を調査していると説明した。自動車のリコール(回収・無償修理)に発展した場合には「通常は(費用を)求償する」と語った。東京都内で講演後、記者団の質問に答えた。

 吉永社長は、品質管理をめぐる不祥事が相次いでいることについて、「日本の製造業の信頼を失墜させるようなことばかり起き過ぎている」と述べ、懸念を示した。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索