世界初のデジタル医薬品=大塚の抗精神薬、米FDA承認

 大塚製薬は14日、抗精神病薬の錠剤に極小センサーを組み込んだ世界初のデジタル医薬品「エビリファイ マイサイト」が米食品医薬品局(FDA)から製造販売の承認を受けたと発表した。薬の服用状況などをセンサーで把握できる。重度の精神疾患の場合、薬の服用を忘れると、日々の活動が困難になり、家族や介護者の負担が増えるため、毎日の定期的な服薬が重要となっていた。

 今回承認を受けたのは、米医療機器プロテウス・デジタル・ヘルス(カリフォルニア州)と共同開発した3ミリ程度の極小センサー入りの錠剤と患者の身体に貼り付けるパッチ型の情報検出器。胃で錠剤が溶け、センサーが胃液に触れると情報を発信。検出器で情報を受け取り、服薬状況を把握できる。検出器は患者の体温や心拍数などの確認も可能。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索