EV、人材育成で覚書=日・サウジ、ビジネス交流加速

 【リヤド時事】日本、サウジアラビア両国のビジネス関係者が経済交流を深める「日・サウジ・ビジョン2030ビジネスフォーラム」が14日、首都リヤドのホテルで開催された。参加した両国の企業は電気自動車(EV)に関する実験や、アニメクリエイターの人材育成など計6件の覚書を交わし、今後官民を挙げたビジネス交流の加速を目指す。

 日本からはトヨタ自動車、新日鉄住金、日立製作所などの製造業に加え、エンターテインメント、商社、金融機関など幅広い業種の企業が参加。両国合わせた出席者は300人超に上った。

 EV実証実験で覚書を交わしたのは東京電力ホールディングス、日産自動車、東光高岳の連合とサウジアラビア電力公社。中東協力センター(会長、中西宏明日立会長)は、サウジアラビア視聴覚一般委員会との間で、職業訓練の対象にアニメクリエイターなどを追加する協力を行う。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索