富士ゼロックス、新潟工場閉鎖へ=構造改革で来年3月末

 富士ゼロックス(東京)が、新潟県柏崎市にある大型プリンターの工場を2019年3月末で閉鎖することが13日、分かった。親会社の富士フイルムホールディングスが1月末に発表した約1万人のリストラを含む構造改革の一環で、工場の閉鎖に踏み切るのは初めて。既に地元関係者に伝えた。

 閉鎖するのは、富士ゼロックスの子会社で事務機器などの生産を手掛ける富士ゼロックスマニュファクチュアリング(神奈川県海老名市)の新潟事業所。冊子やチラシを印刷する大型プリンターの生産は、富士ゼロックス本体の海老名事業所(同)に移管する。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索