【ビジネスワイヤ】全米セブンイレブン加盟店団体(NCASEF)は、フランチャイジーに対する会社側の報復的対応に懸念を高めていると発表した。24時間年中無休に異議を唱えた日本のフランチャイジーがセブン―イレブンから契約を解除されたことから、米国のフランチャイジーの間で懸念が広がっている。NCASEFは、フランチャイジーとのコミュニケーション強化と協力体制の改善をセブン―イレブンに求めた。〈BIZW〉

 【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。