【シリコンバレー時事】米アマゾン・ドット・コムが米国防総省のクラウド事業の契約を逃したのはトランプ大統領による不当な圧力の結果だとして見直しを求めた訴訟で、米連邦請求裁判所は13日、マイクロソフト(MS)との契約を暫定的に差し止める判断を下した。さらなる司法判断まで履行は停止される。

 国防総省は昨年10月、データをクラウドに移行して一元管理する計画をめぐり、最大100億ドル(1兆円余り)に上る契約をマイクロソフトと結ぶと発表。最有力とみられていたアマゾンは、政権に批判的なワシントン・ポスト紙のオーナーでもあるベゾス最高経営責任者(CEO)に対する意趣返しだとして異議を申し立てていた。