日本郵政〈6178〉が14日発表した2019年4〜12月期連結決算は、売上高に当たる経常収益が前年同期比5.5%減の9兆545億円となった。保険商品の不適切販売問題を受け、傘下のかんぽ生命保険〈7181〉が営業自粛を続けたことが響いた。