【ワシントン時事】米財務省は14日、ムニューシン財務長官がサウジアラビアの首都リヤドで22、23両日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席すると発表した。新型コロナウイルス感染による肺炎拡大が世界経済に及ぼすリスクなどを議論する。麻生太郎財務相とも会談する予定だ。

 ムニューシン氏は声明で「世界成長を強化する重要な経済・安全保障に関する課題」について、各国と連携して取り組むと強調した。世界経済のリスクに急浮上した新型肺炎について、景気の腰折れを回避する対策などを話し合う見込み。