麻生太郎金融相は24日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの影響から動揺が続く株式市場での空売り行為や相場操縦に対する監視を強化する考えを示した。年度末株価は企業などの保有株式の含み損益に影響する。麻生氏は「相場の不安定さを増幅させるような不正がないよう警戒を高める」と述べ、過度な相場変動をけん制した。