大手格付け会社ムーディーズ・ジャパンは25日、ソフトバンクグループの格付けを引き下げると発表した。同社が大規模な資産売却計画を発表したことについて「信用力が悪化する可能性がある」と懸念を表明。投機的水準の「Ba1」から「Ba3」に2段階引き下げた上で、さらに格下げ方向で見直す。

 ソフトバンクGは23日、最大4兆5000億円の保有資産売却などで現金を確保し、自社株買いや負債の返済に充てると公表。これに対し、ムーディーズは「現在の金融市場低迷と資産価値の下落、質への逃避が見られる中、資産売却を実行することは容易ではない」と指摘した。