日本航空〈9201〉(JAL)は25日、新型コロナウイルスによる旅客需要減を受け、国内線の減便を拡大すると発表した。3月29日〜4月5日に追加で58便減らし、4月6〜19日は2450便の運航を取りやめる。計画に対し2割程度の減便となる。