【ニューヨーク時事】26日午前のニューヨーク外国為替市場では、米雇用関連指標の悪化を懸念したドル売りが優勢となる中、円相場は1ドル=109円台後半に大幅上伸した。午前9時現在は109円55〜65銭と、前日午後5時比1円61銭の円高・ドル安。

 対ユーロは1ユーロ=120円25〜35銭と、83銭の円高・ユーロ安。