【ワシントン時事】トランプ米政権は29日までに、欧州諸国に対し、空港や駅で使われる保安検査機器の中国最大手「同方威視技術(ニュークテック)」の製品を採用しないよう要請した。中国共産党の支配下にある企業だとして安全保障上のリスクを懸念した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

 ニュークテックは空港や駅、港湾、国境検問所で使われる保安検査用X線機器を製造・販売しており、胡錦濤前中国国家主席の長男が創業に関与した。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」におけるインフラ整備を通じ、低価格を武器にシェアを拡大。欧州市場でも普及している。