三菱UFJ銀行など大手銀行4行は30日、長期金利の上昇などを踏まえ、7月に適用する住宅ローン金利(最優遇、10年固定)を0.05%引き上げると発表した。改定後の金利は、三菱UFJが0.84%、三井住友銀行が1.15%、みずほ銀行が0.90%、三井住友信託銀行が0.75%。

 一方、りそな銀行は0.70%に据え置いた。