キリンホールディングス(HD)は1日、同社を含むグループ主要4社の社員約6000人を対象に副業を解禁すると発表した。同日から申請を受け付ける。新型コロナウイルスの影響で生活様式や働き方が変化する中、社員が社外で新たな知見を得て成長するのを後押しする。

 職種は会計士といった専門職のほか、起業、家業の手伝いなどを想定。飲料メーカーや小売業など本業に支障が生じる恐れのあるものは禁止する。8月以降、社外セミナーの参加費用補助の対象も拡大する。