日本海側、16日まで大雪=暴風高波も警戒―除雪中死者も、交通に乱れ

 強い冬型の気圧配置の影響で、東北から山陰の日本海側では14日も大雪となり、16日にかけて続く見通しとなった。気象庁は大雪や暴風、高波に警戒を呼び掛けている。東・西日本の太平洋側平地でも雪が積もり、大雪となる所がある見込み。交通の乱れや雪崩に注意が必要。

 長野県栄村では14日午前、除雪中だった住職の男性(63)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。雪の重みで折れた木がぶつかったとみられる。

 雪の影響で日本航空は32便、全日空も53便が欠航。両社は15日の計11便についても欠航を決めた。東海道新幹線や山陽新幹線も積雪や強風の影響で遅れが出た。

 14日午後9時までの24時間降雪量は、長野県野沢温泉村で80センチ、新潟県妙高市で76センチを観測。同9時の積雪は山形県大蔵村で2メートル46センチ、新潟県津南町で1メートル95センチ、名古屋市でも3センチとなった。

 15日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸90センチ、東北と東海、中国70センチ、関東甲信と近畿60センチ、北海道40センチ、四国20センチ。

 その後、16日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸70〜90センチ、東北と関東甲信60〜80センチ、北海道30〜50センチ、近畿と中国20〜40センチ。

 15日にかけての最大瞬間風速は北海道と北陸、中国35メートル、東北と近畿、四国、伊豆諸島30メートル。波の高さは東北と北陸、近畿、中国、小笠原諸島6メートル、北海道と九州北部、伊豆諸島5メートルの見込み。 

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

14時01分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索