「撮り鉄」運転士がキセル=15年から、諭旨解雇―TX運行会社

 首都圏新都市鉄道は17日、JRの在来線でキセル乗車を繰り返したとして、つくばエクスプレス(TX)の20代の男性運転士を諭旨解雇処分にしたと発表した。処分は同日付。2015年4月ごろから50〜60回程度、趣味の鉄道写真を撮りに出掛けていたという。

 同社によると、男性運転士は私物のICカード2枚を悪用して毎月2〜3回、JR東日本管内でキセル乗車していた。休日に貨物列車などの写真を撮っていたが、1月17日に北千住駅の改札口で不審に思った駅員から指摘されて発覚した。既に弁済しており、「鉄道人として信頼を損ねる行為をしてしまった」と話しているという。 

ニュースをもっと見る

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

07時19分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索