ソフトが佐藤名人に圧勝=将棋「電王戦」が終幕

 将棋のコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」と佐藤天彦名人(29)が対戦する第2期電王戦2番勝負第2局が20日、兵庫県姫路市の姫路城で指され、後手のポナンザが94手で勝ち、2連勝した。2012年からさまざまな形式で行われてきたプロ棋士対ソフトの「電王戦」はこれで終了となり、ソフト側の圧勝で幕を閉じる。

 佐藤名人は昨年の名人戦で、当時4冠だった羽生善治3冠(46)=王位、王座、棋聖=からタイトルを奪取した気鋭の若手棋士。現役名人の看板を背負っての対局だったが、完敗を喫した。 

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時08分更新

社会のニュースをもっと見る

13時55分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時04分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索