引退の加藤九段、コメントなく帰途

 20日の勝負に敗れ、引退した将棋の最年長棋士、加藤一二三・九段(77)。気持ちの整理がつかなかったのか、投了直後に慌ただしく会場を後にし、無言のままタクシーで帰途に就いた。

 予定していた記者会見も行われず、日本将棋連盟の森下卓常務理事らが説明に追われた。勝利した高野智史四段(23)は「以前の対局よりも迫力を感じた。最後の対局相手になれて光栄でした」と話した。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索