中国公船が領海侵入=今年19回目―沖縄・尖閣沖

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で17日、中国海警局の「海警」4隻が日本の領海に侵入、約2時間航行した。尖閣沖での中国公船の領海侵入は10日以来で、今年19回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、海警「2106」「2113」「2306」「2308」が午前10時40〜55分ごろ、魚釣島北北西の領海に侵入。午後0時15〜35分ごろ、魚釣島西南西で領海を出た。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索