オスプレイ、初日は不参加=北海道の日米共同訓練―使用方針は変わらず・海兵隊

 在日米軍は10日、北海道で同日午後に実施された日米共同訓練に、在沖縄海兵隊の輸送機オスプレイを参加させなかった。オーストラリアでのオスプレイ墜落事故を受けた日本政府の飛行自粛要請を考慮したとみられる。

 ただ、海兵隊は安全性は確認されたとしており、28日までの訓練期間中に参加する可能性が高い。

 小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、「米側との調整が整うまでの間、オスプレイは使用されない」と述べた。

 一方、在沖縄海兵隊は同日、取材に対して「北海道での訓練にオスプレイを使用する計画だが、参加する度合いを現在協議中だ」と説明。「われわれはオスプレイの安全性を確認しており、日本全土で運用を続ける」とコメントした。

 共同訓練は10日午後から、陸上自衛隊の北海道大演習場で、陸自隊員約250人と海兵隊員約200人が参加して行われた。当初の予定では在沖海兵隊の普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイ6機が参加することになっていた。事故前の計画では、米軍三沢基地(青森県三沢市)にも派遣されることになっている。

 訓練開始の式典で、陸自第11旅団長の竹本竜司陸将補は「日米の絆の強さを内外に示すことは日米同盟の抑止力を一層強化する」と訓示。第1海兵航空団司令官のトーマス・ワィドリー准将は「演習を通じて不測の事態や災害発生に対して、迅速に対処できる能力をさらに向上させる」と述べた。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索