コースターの安全バー外れる=男性けが、ゴール手前で停止―岡山

 12日午後1時半ごろ、岡山県倉敷市下津井吹上の遊園地「鷲羽山ハイランド」で、走行中のジェットコースター「ウルトラツイスター」の安全バーが根元から外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)がコース脇のガードに接触し、背中に軽いやけどを負った。命に別条はないという。

 県警児島署によると、コースターのゴール前20〜30メートルの地点で、男性の上半身を固定していたU字形の安全バーが外れてコース上に落下。異音に気づいた従業員が緊急停止させたが、男性は体勢を崩しコース脇のガードに接触した。

 コースターは3列6人乗りで事故当時5人が乗車していたが、他の安全バーに異常はなかった。同署や運営会社が詳しい原因を調べている。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索