民家に遺体、男逮捕=不明女性か、遺棄容疑―奈良県警

 広島県呉市の民家に遺体を遺棄したとして、奈良県警捜査1課と西和署は12日、死体遺棄容疑で広島県福山市高西町、飲食店店長染井俊一容疑者(37)を逮捕した。容疑を認めているという。遺体は4日から連絡が取れなくなっている奈良県内の30代女性の可能性があり、同課が身元や死因を調べている。

 逮捕容疑は4〜11日ごろ、呉市倉橋町の民家に性別不明の遺体を遺棄した疑い。

 同課によると、染井容疑者は行方不明の女性と顔見知りで、4日午前に奈良県大和郡山市の路上で会っていた。その後、女性は連絡が取れなくなり、親族が5日に行方不明者届を出した。

 同課などは11日、広島市内で染井容疑者を発見。供述に基づき、呉市にある染井容疑者の親族宅を調べたところ、屋内で遺体が見つかった。親族は5日ごろから自宅を空けていたという。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索