女子高生の背中に入れ墨=容疑で暴力団幹部ら2人逮捕―警視庁

 女子高校生の背中に入れ墨を彫ったなどとして、警視庁城東署は12日までに、埼玉県青少年健全育成条例違反容疑で、指定暴力団神戸山口組系組幹部の高林智史容疑者(44)=東京都江東区南砂=と、入れ墨師の根岸正敏容疑者(38)=さいたま市浦和区領家=を逮捕した。

 2人とも容疑を認め、高林容疑者は「本人が入れ墨をしたいと言うので連れて行った」と供述しているという。

 逮捕容疑では、高林容疑者は3月28日、千葉県に住む高校2年で17歳だった女子生徒が18歳未満と知りながら、入れ墨をさせようと根岸容疑者にあっせん。根岸容疑者は同日と4月4日の2回にわたり、自宅で生徒の右肩から背中にかけて入れ墨をした疑い。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索