地球に最接近、無事通過=5年前発見の小惑星

 5年前に発見された直径15〜30メートルの小惑星が12日午後2時40分ごろ、地球の南極から約4万2000キロまで最接近し、無事通過した。日米欧などの天文台が地球に衝突する恐れのある小惑星を監視するテストケースとして集中的に観測した。東京大の木曽観測所(長野県木曽町)は11日夜に撮影した画像をホームページで公開した。

 小惑星「2012 TC4」は2012年10月に米ハワイ大のパンスターズ望遠鏡で発見され、太陽の周りを約1年8カ月かけて回っている。最接近時の距離は気象衛星「ひまわり」などの静止衛星より遠いが、大きさは13年2月にロシア・チェリャビンスク州上空で爆発した隕石(いんせき)と同程度だった。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索