山陽新幹線の窓にひび=走行中、乗客にけがなし―JR西

 12日午後3時25分ごろ、山陽新幹線の新大阪発博多行きこだま741号が小倉―博多間を走行中、窓ガラスにひびが入ったと乗客から車掌に通報があった。けが人はなく、JR西日本が原因を調べている。

 JR西によると、8両編成の2両目で右側の窓ガラス1枚にクモの巣状のひびが見つかった。複層構造のガラスの一番外側だけが破損していたといい、同社が設備の点検などを行っている。

 この影響で、山陽新幹線は上下線で10分程度の遅れが出た。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索