路上窃盗、1.9億円被害か=中国籍男性が届け出―警視庁

 警視庁は14日、東京都台東区の路上で現金約1億9000万円を入れたキャリーバッグが盗まれたと、中国籍の男性(47)が交番に届け出たと発表した。貴金属買い取り店で約46キロの金塊を換金した金で、警察官を名乗る男3人に持ち去られたと説明しており、同庁は窃盗事件とみて捜査を始めた。

 同庁捜査3課によると、男性は13日午前11時半ごろ、台東区台東の路上で、約1億9000万円をキャリーバッグに入れて運んでいたところ、3人組の男に「ポリス」「パスポート」などと声を掛けられた。

 話しているうちに1人がバッグを持ってその場を離れ、他の2人も後を追って走り去った。男性は「日本の警察は親切だから安全な所に持っていったのかと思った」などと話している。

 3人はいずれも35歳くらいで身長170センチ前後、青色の上下の服装だったという。同課は、周辺の防犯カメラ映像を確認するなど詳しい状況を調べている。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索