障害者施設で男性死亡=転倒防止で手足拘束―警視庁

 15日午前5時55分ごろ、東京都青梅市今井の障害者施設「クリード青梅」の職員から、入所者の男性が布団の上で死亡していると110番があった。警視庁青梅署員らが駆け付けたところ、入所者の男性(28)が布団の上でうつぶせで死亡しているのが確認された。同署が死因や詳しい状況を調べている。

 青梅署によると、男性はひもで手と足が縛られていた。男性が14日午後6時ごろに施設内を徘徊(はいかい)するなどしたため、転倒を防ぐため職員が拘束したという。発見時、体に目立った外傷はなかった。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索