偽の東京五輪貨幣に「平成32年」

偽の東京五輪貨幣を販売=商標法違反容疑で男逮捕―警視庁

 2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレムが描かれた記念貨幣の模造品を所持していたとして、警視庁生活経済課などは17日までに、商標法違反(販売目的所持)容疑で大阪市都島区毛馬町、会社員小谷泰弘容疑者(43)を逮捕した。容疑を認め、「生活費のためにやった」と供述しているという。同課によると、両大会のエンブレムをめぐる同法違反容疑での摘発は初めて。

 逮捕容疑は14日、記念貨幣(額面1000円、販売価格9500円)の模造品13セット(26枚)を、販売目的で自宅に所持していた疑い。

 生活経済課によると、本物がエンブレムや五輪旗などをカラー印刷で色付けているのに対して、模造品は着色されていなかった。また、模造品には「平成32年」と記載され、額面を示す文字はなかった。

 小谷容疑者は古銭コレクターで、中国の通販サイトから模造品を1セット約450円で40セット購入。ネットオークションで転売し、平均4300円程度で落札されていたという。 

今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索