福島県クレー射撃協会が不正受給=領収書偽造で450万円

 福島県体育協会は14日、県クレー射撃協会が選手強化事業の補助金を約450万円不正受給していたと発表した。2013〜17年度の5年間にわたり、領収書を偽造していたという。来週にも射撃協会に返還請求をする見通し。

 県体協によると、射撃協会は国体に出場する選手の練習費用など、強化事業に関する領収書を受け取っていなかった。そのため、練習場の公印を偽造して架空の領収書を作成。補助金の実績報告書に添付して県体協に申請していた。偽造した領収書は109枚に上るという。

 また、15〜17年度に会計を担当した同県いわき市の60代男性職員が、不正受給分のうち60万円を着服したと認めているという。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索