避難所に間仕切りカーテン=「風通り涼しい」―岡山・真備

 西日本豪雨で浸水被害を受け、多くの住民が身を寄せる岡山県倉敷市真備町地区の避難所で、布と紙でできた間仕切りの設置が始まった。避難生活の長期化が懸念される中、プライバシーの確保に役立てる。

 約300人が身を寄せる真備町市場の薗小学校。13、14の両日、体育館と一部の教室に間仕切りが設置された。扇風機の風に、白いカーテンがなびく。

 紙の筒を組み立て、白い布をカーテンのように掛けるだけの簡単な構造。建築家の坂茂さん(60)が考案し、東日本大震災や熊本地震の避難所でも使われた。真備町地区では三つの小学校などに500セットが設置される。

 「家のようにとはいかなくても、ありがたい。布だから風も通って涼しい」。真備町有井の70代女性は教室の間仕切りの中で、炊き出しの冷たいうどんとおにぎりを食べながら笑顔を見せた。

 同所の小中義美さん(61)は「外から見えなくていい。けっこう廊下の人がのぞいている感じがしていた」と話す。教室は廊下側もガラスになっており、廊下を通る人は教室の中の様子が見える。20代の娘2人も一緒に避難しており、着替えがしやすくなったという。 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索