饗宴の儀「立食形式」の検討要望

饗宴の儀、「立食形式で」=回数削減へ宮内庁要望

 天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う儀式を統括する内閣の式典委員会が12日開いた初会合で、山本信一郎宮内庁長官が2019年10月22日以降行われる「饗宴の儀」について、立食形式を検討するよう要望したことが分かった。前回の着席形式に比べ、一度に多くの人が出席でき、回数削減につながる可能性があるという。

 政府関係者が明らかにした。前回の饗宴の儀は1990年11月12日から4日間にわたり計7回実施。約2900人が出席し、いずれも着席形式で行われた。 


今日のニュースまとめ

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索