東京大は15日、ツイッターで差別的な投稿や個人の誹謗(ひぼう)・中傷をしたとして、同大大学院情報学環・学際情報学府の大沢昇平特任准教授を同日付で懲戒解雇した。

 東大によると、大沢氏は昨年11月、インターネット交流サイト(SNS)で自身が経営する企業で「中国人は採用しません」などと投稿したほか、同大の元教員らを根拠なく誹謗・中傷した。

 東大広報課は「本学に関わる全ての方々が、国籍や民族をはじめとする個人の属性によって差別されることなく活躍できる環境の整備を、今後も進めていく」とコメントした。