第162回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草」(すばる10月号)、直木賞に川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)がそれぞれ選ばれた。

 古川さんは候補4度目での受賞。作品は、20年以上も放置された納屋周辺の草を刈るため、母と娘、親類も連れ立って九州の離島へ向かう物語。女性らが言葉を交わす合間に、過去の逸話が挿入され、島の歴史が浮かび上がる。

 選考委員の島田雅彦さんは「語り口が読みやすく、土地に根付く歴史的な重層性を巧みにすくい上げた」と評価した。

 川越さんは初候補で栄冠を手にした。受賞作は、北海道への移住を強制された樺太アイヌの男性と、同化政策によりロシア人として生きることを強要されたポーランド人男性を主軸にした歴史大作。時代や文明に翻弄(ほんろう)されながら、北の大地でたくましく生きる人々を活写した。

 選考委員の浅田次郎さんは「近年まれに見る大きなスケールで小説世界を築き上げた。人物も生き生きと魅力的に描かれている」と評した。

 贈呈式は2月下旬に東京都内で行われ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる。