大阪府箕面市で2017年、筒井歩夢君=当時(4)=が虐待され死亡した事件で、傷害致死罪などに問われた母親の麻衣被告(28)の裁判員裁判の判決が12日、大阪地裁であり、大寄淳裁判長は懲役9年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 弁護側は「元交際相手の男(26)=同罪などで実刑確定=らが暴行した」などと無罪を主張したが、同裁判長は「被告が男らに暴力を振るうよう指示した」と共謀の成立を認め、被告自らも歩夢君の腹を殴ったと認定した。

 その上で、「逃げ場のない幼い子に一方的に暴行を繰り返し悪質」と指摘。歩夢君を笑いものにするかのような態度を示したとして、「厳しい非難に値する」と述べた。

 判決によると、筒井被告は17年12月24〜25日ごろ、箕面市内の住宅で歩夢君の腹部を拳で複数回殴り、腹腔(ふくくう)内出血で死亡させるなどした。