ソフトバンク元部長による営業秘密不正取得事件で、東京地検は14日、不正競争防止法違反罪で元同社モバイルIT推進本部統括部長の荒木豊容疑者(48)を起訴した。

 起訴状によると、荒木容疑者は昨年2月18日、不正な利益を得るため、自宅から同社サーバーにアクセスして社外秘文書2点をコピーしたほか、同3月26日には同様の方法で別の文書1点を取得したとされる。

 捜査関係者によると、同容疑者は無線網の設計分析などを担当。電話基地局の設置場所や実験報告書などを不正に取得していた。在日ロシア通商代表部のアントン・カリーニン副代表=今月10日帰国=に唆されたといい、取得した数日後に渡し、謝礼として数万円ずつ受け取ったという。