気象庁は15日、西日本では17日から18日にかけて大雪に注意するよう呼び掛けた。東日本でも18日に日本海側を中心に大雪になる恐れがある。

 低気圧が16日に日本海を北東へ進み、17日に東北地方北部や北海道に接近する。西日本上空には17日から18日にかけて強い寒気が流入し、冬型の気圧配置が強まる見込み。

 雪崩や路面の凍結、交通の乱れに注意が必要。西日本では太平洋側の平野部でも雪が降ると予想される。