新型コロナウイルスの院内感染を防ぐため、日本環境感染学会は15日、横浜市でパネルディスカッションを開いて対策を話し合った。病院や診療所では医師、看護師らがマスクや防護服の着用、手などの消毒を徹底するほか、発熱やせきなどの症状がある外来患者が感染していた場合を想定。待合室とは別室に案内するなどして、他の患者への感染を防ぐことが大事という。

 同学会は東京五輪・パラリンピックの際に海外から感染症が持ち込まれる事態に備え、院内感染対策の教育ビデオ「アウトブレイクは防げる!」をホームページで公開している。受付・待合室、外来診察室、救急室、入院病棟に分けて対策を解説。新型コロナウイルスの場合もほぼ同様の対応になるとして、活用を呼び掛けている。

 大東文化大の中島一敏教授(感染症学)は「風邪やインフルエンザと経過が違い、なかなか治らず感染が疑われる人や、高齢や持病があり重症になりやすい人、集団で出てくる呼吸器感染症患者を見つけていくことが重要だ」と話した。