東北電力は27日、女川原発2号機(宮城県)の原子炉建屋1階で、点検作業をしていた協力企業の50代男性作業員が内部被ばくしたと発表した。内部被ばく量は0.05ミリシーベルトで、東北電は「身体に影響を与えるものではない」としている。同社の原発で作業員が内部被ばくしたのは初めて。

 東北電によると、男性は26日午前9時45分ごろから約1時間半、分解された弁を磨く作業などを担当。管理区域を出る際、口元に汚染が確認され、その後の検査で内部被ばくが判明した。体調不良などは訴えていないという。