気象庁は29日、梅雨前線上の低気圧が山陰沖に進むため、西日本では同日夕から30日にかけて大雨に警戒するよう呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要。

 九州北部は29日夕から30日昼すぎ、九州南部は29日深夜から30日深夜、四国は30日明け方から夕方にかけ、激しい雨が降る所がある見込み。

 30日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部150ミリ、九州南部100ミリ、四国80ミリ。

 その後、7月1日午前6時までの同雨量は四国200〜300ミリ、九州100〜200ミリ。