遺産分割に関する依頼を受けて保管していた現金約4200万円を着服したとして、大阪府警は30日、業務上横領容疑で、大阪弁護士会所属の弁護士川窪仁帥容疑者(74)=兵庫県西宮市=を逮捕した。「月々の支払いや生活費に全額使い切った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2018年6月、大阪市内の80代女性から、死亡した夫の遺産分割調停や預貯金解約手続きなどの依頼を受け保管中だった現金約4200万円を、自身の預金口座に振り込み着服した疑い。

 同容疑者から遺産が引き渡されないことを不審に思った女性が、別の弁護士に調査を依頼し不正が発覚。女性はその後亡くなったため、娘が府警に告訴していた。