制裁通じ北朝鮮非核化追求=日米同盟「かつてなく緊密」―ハガティ大使

 先月着任したハガティ駐日米大使は13日、東京都内で開かれた民間交流団体「日米協会」の歓迎昼食会でスピーチし、「日米同盟はわたしが生きてきた中で最も緊密だ」と述べ、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威に日本と共に対処していく考えを強調した。大使はその上で、外交的圧力や経済制裁を通じ、北朝鮮の非核化を目指す方針を示した。

 大使は日米同盟、経済協力、人的交流の強化を任期中の優先課題として列挙。北朝鮮問題をめぐって「外交上の制裁を通じてであれ、経済制裁を通じてであれ、北朝鮮の非核化という目標を引き続き推し進める」と表明した。経済協力に関しては「日本の仲間と一緒に経済的チャンスを秘めた分野をより多く見いだしたい」と抱負を語った。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索