ガンジーゆかりの地を視察=安倍首相

 【アーメダバード時事】インドを訪問中の安倍晋三首相は13日、インド独立運動を指導したマハトマ・ガンジーが居住していた「サバルマティ・アシュラム」を訪れた。同所はガンジーが修道場兼自宅として1915年に設立、独立運動の拠点となった。安倍首相はモディ首相の案内で、ガンジーが使っていた糸車などを視察、ガンジー像に献花した。

 この後、安倍首相はイスラム教の礼拝所「シディ・サイヤド・モスク」も訪れた。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治のニュースランキング

ランキングの続きを見る

政治の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索