邦人の顔認証ゲート導入=外国人の出入国審査強化―法務省

 法務省は13日、邦人の出入国手続きの迅速化に向けて導入した無人の「顔認証ゲート」を羽田空港で報道陣に公開した。ゲートのカメラで撮影された顔写真と旅券の写真データが一致するかを約10秒で照合することが可能で、18日から同空港で3台が稼働する。

 手続きのためゲートに入り、鏡のような画面の前に立ち顔写真を撮影。機械が読み取った旅券データと照らし合わせて本人と確認されれば通過できる。帽子やマスクを着けていると認証されない。顔認証の結果、別人と判断された場合などは有人のブースへ移動するよう促される。

 法務省はまず帰国手続きに導入。2018年度には出国手続きも含め、成田、中部、関西の各空港へ拡大配備する。日本人の帰国審査に関わる人員を削減し、外国人の出入国審査の強化を図りたい考え。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索