「言語道断」「拙速」=野党、加計認可を一斉批判

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設が認可されたことに対し、野党各党は14日、「言語道断」「拙速」などと一斉に批判した。

 立憲民主党の長妻昭代表代行は「厳重に抗議したい。国民の多くは説明が不十分で納得できないと考えている」と記者団に語り、認可の撤回を要求。さらに、「国会での議論が始まる前に既成事実をつくる狙いがあるなら、言語道断だ」と厳しく非難した。

 民進党の大塚耕平代表は記者団に、「多くの疑問が解消されない中で拙速に認可されたことに驚いた。今国会でしっかり事実を解明していきたい」と強調した。

 共産党の小池晃書記局長は記者会見で「選挙が終われば何でもありという安倍政権の姿勢に心から怒りを覚える」と批判。認可のプロセスに関しても「答案が全くできていないのに、何度も書き直させて無理やり合格させた印象だ」と疑問を呈した。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索